Cimatron logo
Search
Cimatron logo
Customer story banner

Cimatronリリースバージョン24

Cimatron、バージョン2024で高度な工具製造のための比類ないツールを強化

金型業界向け CAD/CAM ソフトウェアのリーディングサプライヤーである Cimatron 社は、サンドビック・コロマント社とのコラボレーションによる新技術を取り入れながら、製品の全領域でコア機能を強化したバージョン 2024 をリリースしました。Cimatron 2024は、金型設計者の多くの作業を簡素化・自動化し、生産性を向上させるとともに、デジタル接続のオプションを増やしました。

Batch drawing updates has been introduced to Cimatron 2024
バッチ図面更新がCimatron 2024に導入されました

マルチビュースペーシング、図面更新のバッチ処理、面をブレンドするためのタンジェント制御、内部アイランドをキャップするための簡単なオプションなど、多くの高度なユーザーワークフローの更新により、効率性は引き続き重視されています。CADユーザーは、PDFを実際のジオメトリやテキストとしてインポートしたり、新しい最小距離寸法、強化されたシンボル、改善された幾何学的基準および公差(GD&T)など、2D製図のための多くの新機能を楽しむことができます。Cimatron 2024はまた、製図標準を制御するためのクリーンで新しいGUI、改善されたドラフト解析の視覚化、面取り面の自動チェーン選択も導入しています。

Improved geometric datum and tolerancing (GD&T) control in Cimatron 2024
Cimatron 2024における幾何公差(GD&T)制御の改善

金型メーカーは、1回の操作で複数のカーブに対応し、リブ形状を自動的に部品の側壁に拡張する機能が追加されたことで、リブ作成のための強力なCAD機能が強化されました。さらに、Cimatron 2024は、完全なリブを作成できない複雑なシナリオでも、部分的なリブを作成できるようになりました。金型設計では、3Dランナーの作成が改善され、一定体積、垂直方向または断面方向に基づいて、より優れた設計制御を提供します。

Construction of 3D runner design based upon constant volume of vertical orientation and section orientation
垂直方向と断面方向の一定体積に基づく3Dランナー設計の構築

電極設計は、金型製造工程の重要な側面です。バージョン2024では、電極ボディの形状を最適化するためのバーンボディ操作の自動化、電極の延長の制御、および手作業のための非切削ルールが含まれています。

金型設計者は、クラックやしわのない最適な成形を実現するために、絞り加工中の材料フローを制御する3Dドロービード形状を簡単に構築できるようになりました。新しいルーチンは、断面タイプに基づいてドロービードを生成し、その結果をバインダー面に自動的にブレンドします。

Easily build 3D drawbead geometry to control material flow during the drawing operation
3Dドロービード形状を簡単に構築し、延伸作業中の材料フローを制御します。

Cimatron 2024は、基本的な2Dから複雑な5軸までのCAMオペレーションをサポートする、新たな重要なリリースです。強化された自動送り制御(AFC)ルーチンは完全に再開発され、送り速度を自動制御することにより荒加工の取り代を最適化し、滑らかな動き、加工時間の短縮、工具寿命の延長、主軸と軸の交換回数の減少をもたらします。サンドビック・コロマント社とのライブベンチマークテストにより、CNC機械での切削時間が10%以上短縮されました。

Automatic Feed Control (AFC) for roughing delivers cutting time reductions in excess of 10% on the CNC machine
荒加工用の自動送り制御(AFC)により、CNCマシンの加工時間を10%以上短縮。

荒加工時のプレドリル加工の新オプションにより、カッターがブラインドポケットに突っ込むのを防ぎます。Cimatronは、荒加工手順の一環として、プレドリルの最適な位置と深さを自動的に定義します。

Cimatron 2024は、鋭利なエッジに沿って面取りまたはフィレット形状を作成する新しい3軸バリ取り手順を導入します。CAMユーザーは、一定幅または一定深さの面取りや、一定幅または一定半径のフィレットを作成できます。

Cimatron 2024 enables the auto selection and chaining of chamfer faces
Cimatron 2024は面取り面の自動選択と連鎖を可能にします。

5軸加工では、粗加工時に以前の3軸加工の残材を自動的に使用できるようになりました。これにより、より短いカッターを使用できるようになり、安定性が向上しました。さらに、5軸オートチルチング機能が大幅に強化され、計算時間が最大25倍短縮されたケースもあります。この大幅な効率向上により、生産性が向上し、全体的な加工時間が短縮されます。

It is now possible to automatically use remaining stock for 5-axis operations
残材を自動的に5軸加工に使用できるようになりました。

CAMの進化に関して、Cimatron 2024はいくつかの注目すべき機能を導入します。オンマシン検査プローブモジュールは、マルチポイント選択と円筒形状のプローブをサポートし、より多用途で精密な検査プロセスを可能にします。工具寿命または切削長に基づくツールパスの分割が可能になり、加工工程における制御と最適化が向上しました。新しいNCテンプレートマネージャーが実装され、ユーザーの編集プロセスが簡素化されました。さらに、ツールパスのノードを表示する機能により、貴重な視覚化機能が提供され、CAMユーザーが仕上げツールパスの品質を予測する際に役立ちます。さらに、ツールパスシミュレータの計算時間が大幅に改善され、平均生産性が30%以上向上しました。

Toolpath node visualisation helps CAM users predict finishing toolpath quality
ツールパスノードの視覚化により、CAMユーザーは仕上げツールパスの品質を予測できます。
5-axis auto tilting has been improved with calculation time gains of over 25 times in certain cases
5軸オートチルトが改善され、場合によっては計算時間が25倍以上向上します。

Cimatron 2024はデジタル接続に重点を置いており、このリリースではCoroPlus®ツールライブラリおよびTDM工具管理システムとの直接統合を確立することで、サンドビック・コロマントの力を解き放ちます。CoroPlus®ツールライブラリを活用することで、ユーザーは90万を超える切削工具の膨大なコレクションにアクセスすることができ、システムは材料、操作、工具の種類に基づいてインテリジェントな工具を推奨します。この統合により、加工プロセスが最適化され、手作業によるデータ入力の必要なく、より良い結果が得られます。

Cimatron 2024 directly connects to the CoroPlus® Tool Library and TDM tool management system
Cimatron 2024はCoroPlus®ツールライブラリおよびTDMツールマネジメントシステムに直接接続します。
The CoroPlus® Tool Library provides access to 900,000+ cutting tool items
CoroPlus®ツールライブラリでは、90万点の切削工具にアクセスできます。
The On Machine Inspection Probing module now supports multipoint selection and cylindrical-shaped probes, enabling more versatile and precise inspection processes
オンマシン検査プローブ計測モジュールは、多点選択と円筒形プローブに対応し、より多用途で高精度な検査工程を可能にします。

Cimatron のアントニオ・パリッセ副社長は、「Cimatron 2024 を発表できることを嬉しく思います。製品革新とお客様主導の機能強化のバランスが取れています。サンドビックの切削に関する知識と専門技術を活用することは、お客様にとって大きなメリットであり、これまで以上に迅速、簡単、効率的に高品質な工具を提供することができます。"

ニュースレターの登録