Cimatron logo
Search
Cimatron logo
Customer story banner

シマトロン リリース バージョン16

プロセスの最適化、使いやすさ、新技術により、工具メーカーはより速く、より簡単に、より効率的に高品質な工具を提供することができます。

金型業界向けCAD/CAMソフトウェアのリーディングサプライヤーであるCimatron社は、金型に特化した製品Cimatron V16のリリースを発表しました。集中的なベータテストを経て、Cimatron V16は現在一般販売されています。

バージョン16は、すっきりとした新しいUIや、金型設計、電極作成、NCプログラミングを高速化するための自動化機能強化など、製品の全領域で多くの新機能を導入した充実のリリースです。さらに、金型製作者向けのソリューションに引き続き重点を置き、金型追加サーフェス、メッシュ操作、製図詳細のための強力な機能を搭載しています。

Clear new UX for increased programming ease
プログラミングのしやすさを向上させる明確な新しいUX

CADの大幅な機能強化には、2Dまたは3Dの輪郭から構造リブを作成する機能、抜き勾配、平坦または丸みを帯びた上面が含まれます。メッシュモデルでの作業も改善され、オープンエリアを閉じる新しい機能、曲率マッピング、ローカルメッシュエリアを定義するオプションが追加され、より複雑なモデルの詳細を記述するために、より細かいメッシュ公差を設定することが可能になりました。

シェーディングビューをサポートしたバッチ印刷、ダイナミックなトライアッドドラッグ、アセンブリ構造のための拡張BOMサポート、検索とリセットの機能を備えた拡張環境設定コントロールなど、いくつかの分野でプロセスワークフローが改善され、ユーザー効率は引き続き重視されています。

Export BOM report by assembly structure
アセンブリ構造によるBOMレポートのエクスポート

金型メーカー向けには、セットアップウィザードでレイアウトサブタイプ、回転、キャビティ距離のパラメータを制御するスマートミラーやアレイなど、いくつかの新しい金型レイアウトタイプが利用できるようになりました。さらに、自動エジェクターロックの新機能が追加され、ロックが必要なエジェクターと、エジェクタープレート内での回転を防止するために必要なロックタイプを検出し、エジェクタープレートに適切なポケットを作成するようにヘッドを修正します。

サーフェスエクステンション機能は、金型メーカーとダイメーカーの両方のために強化され、新しいタンジェントスキンエクステンション機能により、サーフェスエッジを自動的にエクステンションし、コアおよびキャビティパーティングフェースの構築を支援します。金型設計の面延長機能も改善され、面延長が重なるような内部コーナーの状態をより適切に管理できるようになりました。このシナリオでは、影響を受ける領域を滑らかな連続パッチサーフェスに置き換えることが可能になりました。

Die Design Extend Faces
ダイ・デザイン エクステンド・フェース

コンフォーマル冷却はあらゆるタイプの成形部品に有効であり、Cimatron 16はより優れた冷却経路生成の自動化手法を提供します。また、新しい仮想ボリューム機能により、ユーザーは冷却回路を形状ボリュームの一部に限定し、冷却チャネルを必要としないセクションを回避することができます。さらに、新しい最適化された曲率機能により、曲線の半径が流路径より小さいなど、冷却流路を作成できない領域をハイライトし、ポイントアンドクリックで流路経路を修正することができます。

電極設計は金型製造プロセスの重要な部分であり、Cimatron 16は多くの主要な開発をもたらします。これらには、マルチランプ電極用のサーフェスベースのテンプレートの適用、製造属性に接続された材料サポートのためのEDMセットアップの強化、およびシステム3Rホルダーのサポートが含まれます。製造プロセスでは、NC-Setup内で荒加工から研磨加工まで、電極の燃焼段階を直接指定できるようになったため、電極の加工を制御しやすくなりました。すべての関連する加工パラメータは、NCファイルを自動的に作成する新しいメカニズムにより、EDMセットアップに従って自動的に適用されます。

Automatically create electrode NC in EDM setup
EDMセットアップで電極NCを自動作成

Cimatron 16は、NC自動化をサポートするCAMの主要な開発を伴うリリースです。3軸ラフ&ボリュームポケット加工では、切削長に基づいてツールパスを複数のオペレーションに分割することで、最適な切削シーケンスのために、長さの異なる複数のカッターの自動選択をサポートします。ラフパラレル、ラフスパイラル、ボリュームポケットのこの効率化機能は、より良い工具選択、工具振動の低減、工具寿命の延長、切削速度の高速化をもたらします。

VoluMillTM pocketing can now be applied to multiple open and closed pockets of differing heights and depths as a one-step routine and single NC operation. Other 2.5-axis operations include a new capability in the slotting procedure that uses pre-drilled holes for safe material entry and to speed up machining with optimum toolpath movement at each level. Further efficiency gains can be achieved with multi-axis drilling routines that consider the real stock model instead of the geometry bounding box. This creates a starting point closer to the stock for a safer, faster machining cycle. 

VoluMill Multi Heights and Pockets
ボルミル マルチハイト&ポケット

3軸加工では、高品質なサーフェス仕上げのための一定のサーフェスステップオーバーツールパスを生成するジオデシックモーフとジオデシック3Dステップ手順が、すべてのNCユーザーで利用できるようになりました。

5軸バリ取り機能が拡張され、エンドミル、スフィアミル、ロリポップミル、テーパーミル、チャンファーミルなどのカッターをサポートします。重要な点は、新しいマルチプルカット機能により、鋭利なエッジに沿って複数のカットを作成し、面取りの場合は一定の幅または一定の深さで、フィレットの場合は一定の幅または一定の半径で、面取りまたはフィレット形状を生成できることです。

5-Axis Undercutting
5軸アンダーカット

その他のCAM開発には、リードイン/リードアウトの自動円弧、フライス加工のサーフェスパスオプションの追加、5軸荒加工におけるアンダーカットの取り扱いの向上、STEP、IGES、STLなどの外部データ形式やCimatronソリッドファイル(ELT)からカッターやホルダーを直接インポートする機能などがあります。システムは自動的に形状を識別し、ツーリングデータベーステーブルにそれぞれの表現を作成します。さらに、加工手順間の形状データのコピー&ペースト機能により、ユーザーは加工手順間、または複数の加工手順に効率的にデータを入力し、簡単でエラーのないプログラミングを行うことができます。

Cimatron の副社長であるアントニオ・パリス氏は、「Cimatron V16 を発表できることを大変嬉しく思います。

ニュースレターの登録